PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
フリーデー【リラックスワーク無料体験】
フリーデー 日程が決まり次第お知らせいたします。 気楽なおしゃべりとプチセラピー体験
リラックスワーク
リラックスワーク AM10:00~11:30 2017年7月3日(月)会場:LORAN FUJINOMIYA 多くの現代人が悩まされるストレス。「時間に追われている」「煩わしい人間関係が嫌だ」「技術や情報の高度化についていけない」など人それぞれ感じるストレスはさまざまですね。 ゆっくりと呼吸するだけ、たたずむだけ、心地よい音楽に身をゆだねるだけ・・・ 簡単なボディワークでココロのコリもほぐしリラックスを体験してみませんか?
誰でもセラピスト養成コース受講生募集
AM10:00~PM15:00 あなたにとって最高のセラピストはあなたです。もともとあなたには癒しの手が備わっています。 簡単にできる瞑想の方法や、簡単にできるセルフヒーリングの方法について学んでみませんか。 またあなた自身を見つめるワーク。あなたの夢は何?夢をかなえる方法を見つけませんか。 あなた自身があなたの人生においては主人公です。あなたの人生はあなたがイメージした通りになります
お問い合わせフォーム
お申し込みフォーム
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    地上の女神さま
    0
      私がいつもチェックしているブログで
      院長の独り言
      小野先生も講演されたそうです。
      橋爪文さんの講演会の模様が紹介されていました。



      お話の中で印象的だったのは
      原爆を落としたアメリカという国は許せないけれど
      アメリカ人を憎むという気持ちはないとおっしゃっていたことです。
      子供の頃から、誰かを憎むという気持ちは持ったことがないと。
      憎しみの連鎖は、憎しみを生むだけでいつまでたっても平和にならないと。
      被爆してずいぶん大変な思いをされてきたのに
      そんな風に思える人ってすごいなあと思います。
      私がもし橋爪さんの立場だったらこんなことばを言えるだろうかと思います。
      私には、地上の女神様に思えます。
      60歳になったとき息子さんに、
      「お母さんの人生を生きてほしいな、5年でも10年でも」と言われ
      英語を学ぶために留学されたとのこと。
      そして70歳過ぎて一人で飛行機に乗って外国にでかけて講演をするようになったといいます。
      だから私もこれから夢と希望を持っていろんなことにチャレンジしていきたいと感じています。

      以下院長の独り言より引用
      ◇橋爪 文(詩人)
      広島に生まれ14歳で原爆被爆。日本ペンクラブ、日本詩人クラブ、詩と音楽の会他に所属
      被曝による数々の病気を抱えながら詩作、還暦を過ぎての英語留学、七十歳からヨーロッパひとり歩き原爆体験を伝え核廃絶だけでなく原発の危険性にも言及、海外からの取材や講演依頼も多い
      詩集「昆虫になった少年」「乗り捨てられたブランコのように」 詩と随筆「不思議な国トルコ」詩の歌曲、合唱曲も多数
      著書:「少女・十四歳の原爆体験記」(高文研、初版2001年。2011年に改訂版出版)
            「フーモギの百五日」(かまくら春秋社 2008年出版)
            昨年7月に「ヒロシマからの出発」を広島のトモコーポレーションから出版
      ◇小野俊一(医師)
      1988年東京電力入社、福島第二原発に5年、本店原子力技術課安全グループに2年勤務
      退職後、1996年熊本大学医学部に再入学
      現在、熊本市にて医院を開業
      ブログ(院長の独り言)・ツィッター・DVD(フクシマの真実と内部被曝にて情報発信中
      著書:「フクシマの真実と内部被曝」
      BLOG:http://onodekita.sblo.jp/
      twitter:@onodekita
      引用終わり
       
      posted by: お気楽コアラ | - | 23:41 | comments(0) | - |
      自分を中心に置く
      0
        さいたまから帰郷している娘と話しました。私が家族全員、「それぞれのパートナーも含めて、毎日ヒーリングしてるんだよ、お父さんも、光の玉が来て目がすっかり見えるようになったという夢を見たんだって」なんて言ったら、「すごいね。」と自然に受けとめてくれていました。


        娘は、劇団を主宰していて、最近ではボイスドラマを月1回のペースで、配信しています。

        劇団の公演をしていたときのできごとを話してくれました。その役の人格に自分が乗っ取られたようで、終わるとクタクタに疲れてしまったそうです。今思うと、自分が自分の中心にいなかったからだったことがわかったと言っていました。

        声優さんとか、役者さんの中に、うつ病になってしまうひとがけっこういると、言っていました。

        いろんな人を演じたりするとき、役づくりをします。この人はどんな人生を送ってきたか、どんな考え方をするのかとかわその人になりきって演じます。
        すると、その役柄が、人格を持って、演じる人に乗り移る感じになるらしいです。こわい言葉だと憑依するってこと?

        私たちは、カウンセリングやヒーリングをさせてもらう時、自分がマスターポジションにいることを宣言します。そして、大いなる光や高次元の存在と、お客さまとの、パイプ役になります。それらが自分を通ってお客さまに流れるとイメージします。

        自分と天の中心と、母なる地球の中心に自分がいることが、とても大切ななことです。

        そういうことを、知らずに自分以外の人になりきって演じるということは、危ないことなのかもしれません。特に繊細な心の持ち主だったり、霊的なものを感じやすい人だったりすると。



        自分を守るためには、
        常にマスターポジションにいること。天と地を結ぶ光のパイプの真ん中に自分がいることをしっかりと意識することです。



        これは、俳優さんや声優さんにかぎらず、どんな人にも、必要なことです。
        瞑想は、自分と高次元の光をつなぐ方法です。はじめは、太陽の光をイメージするといいですね。
        誰でもセラピスト養成コースでは、かんたん瞑想、かんたんヒーリングなどをお伝えします。

        posted by: お気楽コアラ | つぶやき | 00:44 | comments(0) | - |
        何だかおもしろい
        1
        夫にアーユルヴェーダのトリートメントをしました。
        今日カウンセリングを受けてアドバイスをいただいたので
        さっそく試してみました。
        人のからだは
        ことばよりも雄弁にメッセージを発しているような気がします。
        痛かったり、凝っていたりするところが
        「ここだよ。」と言っているのか
        手が自然にその場所に向かうのです。
        腰が少し疲れているよう。
        胃の裏、すい臓のあたりが何となく気になって
        じっと手を置いて教えてくれてありがとう、もう大丈夫だよ。
        と声をかけます。(心の中で)
        夫はすやすやと意識が遠のいていますから。

        人はもともと健康な状態があたりまえ。
        何か違和感を感じたり、
        痛みやコリが現れたときは、メッセージなのです。
        もっと休みなさい、もっと自分に優しくしなさいというメッセージ。

        考え違い、働きすぎ、食べすぎ、飲み過ぎ、
        何事も過ぎるのはよくないですね。

        何か症状があらわれたときは、チャンスです。
        症状はわる者ではありません。
        これ以上ほおっておくと、病気になっちゃうよという合図です。
        「教えてくれてありがとう。」とむしろお礼を言うべきなのです。
        そうすれば、未然に病気を防ぐことができるのですから。

        人って、大人になってもスキンシップを求めているものだと思います。
        だから、触れてもらうのは心地よいのです。
        トリートメントなら、気持ちがよいというイメージがあるので
        受け入れてもらいやすいものです。
        ヒーリングを加えながら、しばらく続けてみようと思うところです。
        目に見えないものはないものと思っていて、
        まったくスピリチュアルなど興味のなかった夫が
        どんな風に変わるか楽しみです。

        リラックスワーク
        4月8日・15日(水)AM10:00~12:00
        フリーデー
        4月22日(水)
        誰でもセラピスト養成コース開催予定
        4月2日・9日・16日(木)AM10:00~PM15:00

        富士山
        posted by: お気楽コアラ | リラクゼーション | 00:11 | comments(0) | - |
        ファミリー
        1
        ファミリーは、私にとって、根っこ。
        帰る場所がある
        どんなときも迎えてくれる人がいるという安心感。

        結婚式の誓いで

        病めるときも、健やかなるときも、
        富めるときも、貧しきときも、
        歓びのときも、悲しみのときも、
        これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命のある限り、
        真心を尽くすことを誓いますか?

        ということばがありますね。これは教会式だそうです。

        どんなときも、相手がどんな状態にあろうと、無条件に認め受け入れること、そしてその存在を祝福することですね。

        そうやってファミリーがつくられます。

        穏やかな愛にみちた居場所が、誰にも必要です。
        居場所がないと思う人もいるかもしれないけれど、それは誤解かもしれません。

        愛がなければ人は生きられません。赤ちゃんは、1日だって一人じゃ生きられません。誰かに愛されて、お世話をしてもらったから、育つことができたはず。

        私は、子供の頃早く大人になって独立したいと思っていました。必ずしも、幸せな子供時代を過ごしたと思えなかったから。

        それは、
        私の両親も、同じように感じていて、どうやって愛情をかけていいのかわからなかったのかもしれません。

        だから決して私を愛していなかったのではないのです。

        私は、子供たちに無条件の愛を注いでいたかどうか、まるで自信はないです。未熟な親だったと、反省することしきりです。

        どんなときも、
        どんなことが起きても、
        ファミリーは私を無条件に迎えてくれる港。
        私もファミリーにとって、そうありたい自分です。






        posted by: お気楽コアラ | つぶやき | 22:41 | comments(0) | - |
        ココロの風邪予防
        0
          JUGEMテーマ:健康のためにやっていること
          ココロの風邪を引かないための3つの提案

          自分の心の声を聴いてみる
          気分はどう?
          疲れた?
          何もしたくないならしなくていいよ。
          なまけもののように木の上で寝ちゃう?
          ダラダラするのを自分に許してあげる。

          あるいは
          お日様を浴びて青空の下で、くたくたになるまで働く。
          そうすれば、悩む暇もなくぐっすり眠れてしまう。
          農作業はうってつけですよ。
          からだは疲れるけれど気分は爽快になります。

          「がはは」と思い切り笑う。
          私は同じ落語を何度も何度も聞いて笑います。
          スマホでイヤホンをして家事をしながら
          吹き出したりして、家族に不審がられることたびたび。
          おすすめは、
          桂文枝さんの
          「くもんもん式学習塾」
          「ゴルフ夜明け前」
          「宿題」
          春風亭小朝さんの
          「紀州」「扇の的」
          ユーチューブで無料で見られます。
          あとはふなっしーが台湾へ行ったときのトーク
          やハワイロケの様子を何度見ても面白い。。と私にとってのツボです。
          これもユーチューブで無料で見られます。
          これは、気分転換の一つです。

          一つのことが気になりだして、頭の中がぐるぐるしたら
          とにかくからだを動かしてみる。
          からだが動くまま踊ってみる。など。

          そして気分が少し落ち着いたら
          心やからだの声を聴く習慣をつけるといいですね。
          瞑想=目を瞑る=自分の内側に目を向けることができる
          あんまり自分に完璧を期待しない
          いいよ、そのままでと自分に言ってあげると
          ほっとします。





           
          posted by: お気楽コアラ | お気に入り | 22:44 | comments(0) | - |